読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バースプラン

最初のお産の時は助産院で「バースプラン」について初めて知った 具体的なプランも思いも特になく、夫立ち会いでリラックスして産みたい くらいしかなかったけど、二人目の今回は一度の経験を経てより「お産」への興味が湧いている 夫だけでなく、uiちゃんも…

精神面の成長1

幼少期~学生~独身社会人時代は、がんばれば何事も上手く回るように思えた 私は日本という資本主義社会の典型的な幸せな子だった 私の親も含め、私立中高大学に通うような私の周りは、当然capitalismの日本社会で生きる人たちのアッパーな思考パターンで回…

精神面の成長2

■精神面の変化のもう1つは「生きることは苦行である」という前提に気づいた事 それまで、概念として仏教ではそう考えるということは知っていたが、まったく実感がなかった。 なぜなら私は自分に自信があり、希望に満ちて生きていたから。 自分を「とるに足る…

精神面の成長3

■結婚や育児している人にとってのスピリチュアリティ 独身で一生を通すってこととはたぶん大きく違うのではないかと思う事。 私がこの数年で気づいたこととして、2つ。 一つは上記の「生きる事は苦しい」「今ある苦しみを解放することに集中する」という捉…

ファストファッションを買ってはいけないのか

ファストファッションを買ってはいけないのか わからなくなっていた だからといって服にお金をかけようというタイプでもない 生きていくのにほんとうに必要なもの、仮にこのパラグラフをaとして、 生きていくために必要最低限の服とはどのくらいか、仮にこれ…

“自然派志向”

私は同じ化学式なのに、天然のものと、化学合成されたものの違いがわからない 程度の違いはあれど、天然物と養殖物、慣行栽培物と有機栽培物。 経験上、味や使用感などに違いがある!と言い切れる人もいるのかもしれない 体感、経験に頼るのは個人の自由で、…

農耕のはじまり

よく歴史の教科書で紀元前X年ごろ、人は狩猟採集だけでなく、農耕を始め、食料の安定的な確保が可能になった、と説明があるが、実際に人類が農耕を始めた瞬間を想像すると、すごい。 おそらく、アダムとイブのリンゴのように、とてつもなく美味いものを発見…

キャリアという言葉がきらいです

3歳になる前の子どもと一緒に過ごす時 注意がかならず子どもに向いていなくてはならない 危険なことをしないかということだけでなく 一緒に感じること 子どもと同じことをただひたすらにして 子どもの興味関心の対象をいっしょに見つめ、自分も子どもと同じ…

ぼろぼろの靴下を直していて思ふ

『赤ちゃんはどこまで人間なのか 心の理解の起源』(ポール・ブルーム著/春日井晶子訳)によると、 人間は動物の中でも利他行動を発達させた種らしい ダーウィンの自然選択説によると、動物は生き残りと子孫の反映が約束される形で進化し、自分を犠牲にして…

子どもにとってのスリル

例えば2歳児を連れて公園に行くことを普通推奨するだろう 公園には緑もあり、遊具もあり、お友達もいる 良い事にきまってる、と多くの人が疑わない 私もそう思う 海や森によく行くのだが、近頃娘は公園に行きたがるようになったため 公園に行く事も増え、公…

森での遊び

精神的な、空想の遊びが加わると、遊びの世界の幅は広がる 例えばおままごととか、大昔から子どもの遊びの定番中の定番で、 木の葉のお皿に砂をのせて、どうぞ、などとお母さん役が言うのは変わらない ドロケイの概念はなくとも、捕える者と捕えられるものの…

我が家

十角形の平屋で、主に木でできています。 外壁は木の上からモルタルで塗ってあり薄い灰色で 大きなガラスの二枚の引き戸が玄関です。 あたたかい季節に活躍するスイッチでクルクルクルとなる網戸もついています。 一段上がると土間、といってもまだ木の床です。 こ…

昔は良かったメディア論

「昔はよかった」ということをよく言う人はいるでしょう。 たとえば、、昔は今のように毎日シャンプーしたりしていなかった、その分自分の本来持つ油分が活かされ、一定期間洗わなくても快適に頭を保てた、、なんていう考え方の私たちはまるでそれこそ“「昔…

熱に負ける

薪ストーブの前でPCをやっていると、PCが熱でやられないかな。とふと思った その逆はないな、とふと思った (この薪ストーブ、PCでやられないかな。とは思わない) やっぱ、薪ストーブの、燃える火のほうが、このハイテクで全世界をつなげ得るPCよりも、強い…

GoogleとFacebookはこんなにも自分以外の世界を知ることを可能にして、どうしたいのか。

誰もがありとあらゆる情報にアクセスできる世の中をつくって、で?どうしたいの? どんな世界にしたいのか。 私の考えではこうだ。 誰もが自分の世界でしか生きられないのだから、その自分の世界を自分で作り上げていく際の選択肢をより多くしたいのではない…

未来のロボットへ

年末の売上を記録するため、パソコンの画面に数字や文字列を打ち込んでいる パソコンの中身がそれに応える。 「2014/12/30」 「お、なるほどぉ~(にやにや)」 と私が応える。というのも今日は2014/1/1。 なのでパソコンさんに言いたかったのは「2013/12/30…

出産練習

ぜんそくとの疑い まだ小さいので正式な検査はできず アレルギーを押さえる薬をもらう、夜の咳はいまのところ落ち着いている お布団の上でyogaごっこ 楽しそう ふれあうことが一番の喜び 前にuiちゃんyogaしたい~とふと言っていたのを思い出す 私が大股を開…