読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファストファッションを買ってはいけないのか

ファストファッション買ってはいけないのか

わからなくなっていた

だからといって服にお金をかけようというタイプでもない

 

生きていくのにほんとうに必要なもの、仮にこのパラグラフをaとして、

生きていくために必要最低限の服とはどのくらいか、仮にこれをbとして、

ab=服がその人にとってどれくらい必要か

 

人間以外の動物のab=0

人間を同じ一つの種として捉えるならば、多分abの数は同じ

でも実際にあなたと、その他の人でabの数は一緒でしょうか

ヒマラヤ山合いの村のおばあちゃんと、アメリカンセレブのおばちゃんでは

abの数は一緒でしょうか

 

 

2014年の今日、ファストファッション工場で働いているのは中国、北朝鮮バングラディッシュ、ベトナム***などだ。

2114年の未来、ファストファッション工場で働いているのは人間とロボットだ。

 

2214年時点での歴史関連文献には、

2114年のころ、ファストファッション工場で働いているのは*******などだ。

とロボットの種類の固有名詞が当たり前に並んでいる。

 

そして2214年の社会課題の一つとして、ロボットたちの労働問題がある

彼らにも人格を認めようとした法律がある以上、労働問題もある